年齢を問わず誰でもチャレンジできる介護職は将来性の高い仕事

将来性の高い介護職に転職しよう

将来性の高い介護職に転職しよう

介護職の将来性

年齢制限がない介護職は他の業界に比べて転職しやすい環境です。転職するにあたって、先の見えない、将来性のない職場よりも安定している職場の方が一般的に好まれるため、需要の高い介護職は将来性が期待できる仕事だといえます。
日本の人口は2010年をピークに減少の一途を辿っていますが、逆に高齢者の数は増えています。2025年には2010年の1.5倍である2,179万人にまで、日本の人口が3分の1になる2060年には2,336万人にまで膨れ上がることが予想されています。75歳以上の高齢者が多くなると介護サービスを受給する人の数はもっと増えるため介護職不足は今よりも深刻な状況になることでしょう。介護職は年齢や経験を問わず熱意があれば誰でもできる仕事です。将来性も高いため、年齢を気にして諦めるのはもったいないことです。体力面など不安に思うこともあるかもしれませんが、少しでも興味があるなら前向きな気持ちでチャレンジしてみましょう。

介護職の探し方

介護職の求人情報はハローワークやタウン情報などにもたくさん掲載されています。しかし、特定の人にしか紹介しない非公開求人も多いため、求職者をさまざまなサービスでバックアップする転職サイトを利用することをオススメします。

転職サイトに登録しよう

介護職は需要が高いため求人の数も膨大にあります。しかし、転職サイトを利用すれば膨大な求人情報の中から自分に合った職場を見つけることができます。ほとんどの転職サイトは無料で登録できますので、この機会にいくつか登録してみてはいかがでしょうか。
転職サイトにはそれぞれ特色があり、得意分野も異なります。そのため、「どの転職サイトに登録するか」が重要になるわけですが、転職サイトの取捨選択に役立つポイントをいくつか紹介するので参考にしてください。
登録する前に確認しておくべきポイントは、「仕事内容」「勤務時間」「資格取得支援の状況」です。介護職は勤務する施設や事業所によって仕事内容が異なるため、具体的な内容を事前に確認しておきましょう。また、多くの施設では介護職が不足しているため、残業になる場合もありますし、入居型施設では夜勤もあります。シニア世代は体力面に不安があるため、勤務時間も確認しておきたいポイントです。
介護職は無資格でも始められますが、長く働き続けることを見据えて仕事をしながら資格を取得する人も少なくありません。資格の取得を考えているなら支援体制の整っている転職サイトに登録しましょう。

コンサルタントを利用しよう

転職サイトに登録すると、コンサルタントが専任でついて転職成功までサポートしてくれます。膨大な数の求人情報の中から自分に合う求人を探してくれるのはもちろん、転職活動中に沸き起こる疑問や不安などの相談にものってくれます。また、応募書類の書き方から面接、採用後の動き、入職後の相談、など転職活動を一貫してサポートしてくれるため、求職者にとっては心強い存在でしょう。

更新日:

介護職に年齢制限はない

なぜミドル・シニア世代に介護職がおすすめなのか、その理由を詳しく解説しているサイトです。当サイトに関するお問い合わせは【お問い合わせページ】よりお願いいたします。